ルオムログ

コンセプトブック出版記念

トークイベント

2018年9月23日(日) 14:00~1時間30分ほど

未来は自然の中にある

「きたもっく」って、どんな会社?

日本一!との呼び声も高いキャンプ場「スウィートグラス」は、「ルオムの森」の姉妹施設だということは少しずつ知られてきましたが、どんな会社が運営しているのかは、あまり知られていません。

会社の名前は、「きたもっく」。
自らを「地域未来創造事業体」と位置づけ、浅間山北麓を拠点とするフィールドビジネスを根幹に、薪ストーブの施工薪の製造・販売まで手がけています。さらに、ライラック園やブルーベリー畑を作ったり養蜂をはじめるなど、その広がりは多種多様。

コンセプトブックに結実した想い

傍から見れば、なぜそんなに?と思われる事業の数々…しかし、そこには、必然とも言える確かな道のりと、培われた理念があります。

「スウィートグラス」は、来年で25周年を迎えます。この節目に、私たちが場づくりで表現してきたことを、言葉として残したい。そして、世の中に広く投げかけたい…そんな想いから産み出したのが、コンセプトブックです。タイトルは、「未来は自然の中にある」。

地域の未来を考える

コンセプトブックの内容を紐解きながら、著者であり「きたもっく」創始者である福嶋誠が対談します。
お相手は、地域社会学・地域情報論を専門とする、群馬大学・森谷健 教授。地域づくりや地域情報を想いに注目して研究している、森谷さん。「地域」というと、都会から見て相対的な「地方」を連想してしまうかもしれませんが、「間違いなく、私たちは地域社会に暮らしてる」と言います。

対談の時間、あるいは本書が、私たちの未来を考えるときの、1つの糸口となれば幸いです。

今日の言の葉

人生最後の会社を選んだため、私はきたもっくにいます

入社して7年目になる、同僚の言葉。
彼女はいつも朗らかで、働きもので、料理上手で、私のあこがれの人。

その真っすぐな言葉に、私の心は一瞬でノックアウトされました。

by ほっきー2018.08.08

トークイベント

開催日2018年9月23日(日)
時間14:00~1時間30分ほど
会場ルオムの森・洋館テラス
内容トークイベント…無料
連絡ルオムの森:0279-84-1733(11:00~17:00)
  1. サイトトップ
  2. トークイベント